電源を入れるだけで運用できるH.265対応NVR | RBB TODAY

電源を入れるだけで運用できるH.265対応NVR

IT・デジタル セキュリティ
録画方式は常時録画/動作検出録画/スケジュール録画に対応。映像ストリーミングは4カメラ合計40Mbpsまで対応しており、ライブ表示は最大10コネクションの遠隔監視に対応する(画像はプレスリリースより)
録画方式は常時録画/動作検出録画/スケジュール録画に対応。映像ストリーミングは4カメラ合計40Mbpsまで対応しており、ライブ表示は最大10コネクションの遠隔監視に対応する(画像はプレスリリースより) 全 2 枚
拡大写真
 GeoVision(ジオビジョン)は、H.265/H.264対応のネットワークレコーダー(NVR)「GV-SNVR0411」を発売・出荷開始したことを発表した。

 「GV-SNVR0411」は、4台のカメラの接続に対応しているNVRで、本体サイズが264×160×44mmと省スペースで、高解像が進むネットワークカメラにも対応できる映像圧縮方式H.265/H.264に対応。最大の特徴は、“電源を入れるだけで運用できる”という手軽さで、ネットワークカメラの設置の際に必要だったハブを本体に内蔵していたり、カメラにLANケーブル経由で給電できるPoE対応ポートを4基備えている。

 映像解像度は4K(3,840x2,160ピクセル)及び1,080pに対応。映像はHDMI出力でき、4分割表示などの機能を備えており、iOS及びAndroid対応アプリからの遠隔視聴にも対応する。

 接続可能なカメラは同社のGV‐Targetシリーズ、GV‐SD220/220‐S、GV-IPカメラシリーズなど。

《防犯システム取材班/小池明》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース