小林麻央、闘病していた人の訃報への思い「小枝がポキって折れるような気持ち」 | RBB TODAY

小林麻央、闘病していた人の訃報への思い「小枝がポキって折れるような気持ち」

エンタメ その他
小林麻央、闘病していた人の訃報への思い「小枝がポキって折れるような気持ち」
小林麻央、闘病していた人の訃報への思い「小枝がポキって折れるような気持ち」 全 1 枚
/
拡大写真
 市川海老蔵の妻で乳がん闘病中の小林麻央が18日、自身のブログで闘病していた人の訃報について思いを記している。

 小林は「闘病されていた方の訃報にふれると自分のなかのどこかの小枝がポキって折れるような気持ちになります」「面識がなくても、遠い遠い方でも、どこかで 不思議に 仲間意識というか、あるのだと思います」とコメントし、がんを公表している者として「少しでも長く生きていきたいです」と“誰かの小枝”として折れたくないという思いをつづった。

 ブログのコメント欄には小林と同じ境遇の読者からの応援や共感のコメントが多数届いている。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース