乃木坂46斉藤優里「顔芸に注目して欲しい」、映画『あさひなぐ』女子高生限定試写会 | RBB TODAY

乃木坂46斉藤優里「顔芸に注目して欲しい」、映画『あさひなぐ』女子高生限定試写会

エンタメ 映画・ドラマ
乃木坂46斉藤優里「顔芸に注目して欲しい」、映画『あさひなぐ』女子高生限定試写会
乃木坂46斉藤優里「顔芸に注目して欲しい」、映画『あさひなぐ』女子高生限定試写会 全 5 枚
拡大写真
 9月22日全国ロードショーの映画『あさひなぐ』の女子高生限定試写会イベントが8日、東京・神楽座で行われ、乃木坂46の西野七瀬と斉藤優里、女優・富田望生の3人が登壇した。

 会場には制服をまとった80人の女子高生たちが集まり、3人の登場とともにあふれんばかりの黄色い歓声で会場は興奮と熱狂に包まれた。MCから注目ポイントを聞かれた西野は「白石麻衣さん演じる憧れの先輩、宮路真春を呼び出して、後輩なのに生意気に食って掛かるシーンは、撮影中も大事なシーンと思いながら、演技をしたので是非注目していただきたいです!」と熱く語り、それに対して斉藤は「私は真面目なシーンがなかったので、顔芸に注目してほしいと思います!」と会場の笑いを誘った。

 そして、3人の女子高生時代について聞かれると、現役の高校生である富田は、本作のキャッチコピーである”メンドウっスネ!”を用いて、「映画の撮影を通して“メンドウっスネ!”な青春がおくれて良かったです!」と充実した撮影の様子を語った。斉藤は「学校の行事ごとは一生懸命がんばるタイプだったので、クラスの子と髪型をツインテールにあわせて楽しんでいました!」とコメントすると、女子高生たちから「かわいー!!」と大きな歓声が上がり、それに対し斉藤は、「みんなのほうがかわいいよ!」と女子高生たちとコミュニケーションをとる場面もあった。

 最後はキャストを代表して西野から「笑いあり、涙ありの青春がいっぱいつまった映画になっています! 薙刀のシーンもとても格好良いので、是非楽しみにしてください!」と映画への熱い思いを語り、富田が「みんな楽しかったかい!? 今日の思い出が、素敵なJKの思い出になったら嬉しいです!」とイベントを締めくくった。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース