【「折原あやの」のデジマニア】手元のスマホで簡単VR!家庭用VRゴーグルを選ぶポイントは? 3ページ目 | RBB TODAY

【「折原あやの」のデジマニア】手元のスマホで簡単VR!家庭用VRゴーグルを選ぶポイントは?

IT・デジタル スマートフォン
【「折原あやの」のデジマニア】手元のスマホで簡単VR!家庭用VRゴーグルを選ぶポイントは?
【「折原あやの」のデジマニア】手元のスマホで簡単VR!家庭用VRゴーグルを選ぶポイントは? 全 19 枚
拡大写真
■気になったVRゴーグルは?

 ここからは、個人的に気になったVRゴーグルをいくつかピックアップして、そのポイントも合わせて紹介していきたいなと思います。





 まずはこちら、Hamee(ハミー)の「VR SHINECON(ヘッドフォン付き)」4,990円(税抜)。プラスチック素材でクッションもしっかりしていて、さらにヘッドフォンがくっついているものになります。ヘッドフォンのクッションも結構厚みがあるので耳が痛くなりにくいなと思いました。ただし、ヘッドフォンがある分、ちょっと重め(580g)です。



 続いてはこちら、ミヨシ「VR-G01WH」1,870円(税抜)。こちらもプラスチック素材でクッションがしっかりしていました。装着するゴムも幅がしっかりとあってつけやすいです。重さは365g。このくらいであれば長時間装着しても疲れにくいと思います。視野角は85~95度でした。



 こちらはセット内容が変わっていて気になりました。「DMM.comVR動画スターターセット」2,980円(税抜)。ゴーグルの製造はInfoLensという会社。DMMで使える1,000円相当の動画ポイントがついているので実質1,000円オフで購入したことになるお得なセットです。DMMではさまざまなジャンルのVR動画を2,500本以上そろえているとのことで、とりあえず、VRを体験してみたい人にはオススメなセットになっています。
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 続きを読む

《折原あやの》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース