ビジネスツール化するAIでなにが変わるのか…The AI 2nd 2018 | RBB TODAY

ビジネスツール化するAIでなにが変わるのか…The AI 2nd 2018

 国内のAIベンチャーや大手IT企業によるカンファレンス「The AI 2nd 2018」が開催された。ソニー R&Dセンターでシニアマシンラーニングリサーチャーを務める小林由幸氏は現状のAIとビジネスに関する講演を行った。

IT・デジタル スマートフォン
aiboも飼い主認識にAIを搭載
aiboも飼い主認識にAIを搭載 全 5 枚 拡大写真
 国内のAIベンチャーや大手IT企業によるカンファレンス「The AI 2nd 2018」が開催された。ソニー R&Dセンターでシニアマシンラーニングリサーチャーを務める小林由幸氏は現状のAIとビジネスに関する講演を行った。

 小林氏は「AIはカンタンである」という。今は、AIを使うだけならライブラリや開発ツールが充実している。学習処理もデータさえあれば管理システムやスケジューラーがかなりの作業を自動化してくれる。

 たとえば、ソニーではGUIで、簡単にAIが作れるNeural Network Consoleを提供している。GUI形式なので、マウス操作によって必要なAIライブラリを呼び出したり、学習を行わせることができる。このようなライブラリとツールを使えば、クラウド上のチャットボットやカスタマーセンターの自動応答エージェントなどの開発が可能だ。小林氏のセッションでは、Neural Netwokr Consoleを使って、手書き数字の認識AIをマウスだけで作るデモ動画を流していたくらいだ。

 AI利用がカンタンになると、ビジネスの現場も変わる。AIの時代で重要なのは、システムを設計することより、適切なデータを大量に集めて処理することにシフトしていくという(小林氏)。ある課題に対して、必要な機能を考えてシステムを作るより、AIに判断させるにはどんなデータを用意して学習させればいいかを考えることが求められる。データを集めるのは実は大変なのだが、逆にそれができればAIの利用ハードルは下がっているので、ビジネスでの応用範囲が広がる。

 いままでは、コンピュータには業務プロセスを実行させ、そのデータを人間が判断していた。そこで重要なスキルのひとつは業務プロセスをモデル化し、システム化する能力でありその作業だ。この部分は今後も残るが、これからは、システムが出力したデータの判断、意思決定(生産を増やすのか減らすのか、など)にAI(機械学習)が利用できるようになる。

 このとき重要なのは、データを判断できる能力ではなく、適切なデータを大量に集めてAIに学習させることができるスキルだと小林氏はいう。AIはビジネス戦略のツールとして活用する時代に入ったようだ。

《中尾真二》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース

アクセスランキング

  1. 【昨日のエンタメニュース】徳江かな、写真集発売/松本人志、久保田に「彼らは勉強不足」

    【昨日のエンタメニュース】徳江かな、写真集発売/松本人志、久保田に「彼らは勉強不足」

  2. 沢尻エリカ、ローラ、河北麻友子……セクシーすぎる美脚ショット

    沢尻エリカ、ローラ、河北麻友子……セクシーすぎる美脚ショット

  3. カンニング竹山、M-1暴言騒動を取り上げる『ビビット』に苦言「番組として非常にダサいことやってる」

    カンニング竹山、M-1暴言騒動を取り上げる『ビビット』に苦言「番組として非常にダサいことやってる」

  4. ISSA、結婚の決め手は「居心地」 新婚生活も語る

    ISSA、結婚の決め手は「居心地」 新婚生活も語る

  5. 徳江かな、SEXYショット満載の1st写真集をリリース“すごくお尻がきれい”

    徳江かな、SEXYショット満載の1st写真集をリリース“すごくお尻がきれい”

ランキングをもっと見る