記憶を失った花嫁、元婚約者への決意の逆プロホーズにネット号泣 | RBB TODAY

記憶を失った花嫁、元婚約者への決意の逆プロホーズにネット号泣

エンタメ その他
拡大写真
 14日放送の特別番組『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP』(TBS系)の中で、記憶を失った女性の夢が紹介された。


 熊本在住の丸山さんは彼氏の祐也さんと交際2年。だが結婚する5か月前に交通事故に遭い、記憶障害の1つ「健忘症」との診断を受ける。家族のほか、彼のことも分からなくなり、丸山さんの方から婚約を解消。入籍も延期してしまった。

 一時期、彼女は毎朝目が覚めると記憶がリセット。それでも祐也さんはそのたびごとに自己紹介をして献身的に支え続けてくれたのだとか。さらに、「記憶がないならまた作ればいい」と温かい言葉をかけてくれたそう。

 「また彼に恋してしまった」という丸山さん。改めて結婚の意思を伝えたいと、2年前のデートで行った東京ディズニーシーのホテルで告白することに。祐也さんを宿泊が当選したという名目で連れ出して、彼を傷つけてしまった日々、そして再び記憶を失う恐怖などをつづった手紙を読んだ。

 そして「それでも一緒にいてくれますか?」と告げると、彼は迷いなく「もちろん」と大きくうなづき、結婚する意思も明かした。SNS上では、2人の物語に「涙が止まらん」「目腫れるほど号泣」「お父さんがガチ泣きしてる」などの反響が殺到。さらに祐也くんにも「ほんとに素敵」といった声が寄せられている。

《杉山実》

【注目記事】

関連ニュース