ベッキー、流暢な手さばきでマージャンのイカサマ...『麻雀放浪記2020』本編映像解禁 | RBB TODAY

ベッキー、流暢な手さばきでマージャンのイカサマ...『麻雀放浪記2020』本編映像解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会 全 1 枚 拡大写真
 4月5日より、全国公開となる映画『麻雀放浪記2020』で、ベッキー演じる麻雀クラブのママ・八代ゆきが、斎藤工演じる坊や哲に流暢な手捌きで麻雀を教え込む緊迫の本編映像が解禁された。


 原案は、不朽の名作として語り継がれる阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』。和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化を果たす。前作の舞台は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期だったが、今作ではそのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。1984年に公開された和田誠監督の『麻雀放浪記』で、加賀まりこが魅せたワンシーンをベッキーが披露する。

 斎藤演じる坊や哲が通う麻雀クラブ「オックス・クラブ」のママで、最強の女流雀士である八代ゆき。八代を演じるベッキーは、麻雀をしたこともなく、興味すらもっていなかったが、今作が決まると、ベッドのそばに麻雀卓を設置して、朝も夜も常に牌に触れる状況を作るなど、寝る間も惜しんで約1ヶ月半にわたって麻雀の稽古を重ねたという。妖艶なママという役どころに加えて、器用で美しく牌を扱う手先にも注目だ。

 今回解禁された特別映像では、麻雀の積み込みのイカサマの一つである「元禄積み」という技を披露。白石和彌監督の希望で、全てワンカット撮りきり。猛特訓の結果、同じくイカサマの一つである「燕返し」も習得し、圧巻の牌捌きで魅せるベッキー入魂のイカサマシーンは、同作最大の見せ場といえる。

 ベッキーは今回解禁されたシーンについて、「監督からワンカットで元禄積みを撮りたいと伝えられ、“練習すれば何とかなるかなぁ”くらいに思ってしまったんですが、想像以上に大変でした。1人かくし芸大会でした。笑」と苦労をコメント。「1ヶ月間特訓をして、オリジナル作品の『麻雀放浪記』へのリスペクトの気持ちも込めながら撮影させていただきました。完璧ではないかもしれませんが、そのドキドキ感やライブ感も含め楽しんでいただけたら嬉しいです」と呼びかけている。

 また、同作の白石監督はこのシーンについて、「加賀まりこさんの美しさに少しでも近ずこうという気持ちで撮影しました。ベッキーはプロになるのかって勢いで練習してくれました。麻雀の腕もプロ並みになってるはずです。もう一度ベッキーと麻雀打ちたいです」と納得の仕上がりを感じさせるコメントを残した。

 映画『麻雀放浪記2020』は、4月5日より全国公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース