橋本マナミ、GACKTの極端な恋愛観にドン引き「一番最悪」 | RBB TODAY

橋本マナミ、GACKTの極端な恋愛観にドン引き「一番最悪」

エンタメ その他
橋本マナミ <撮影 編集部>
橋本マナミ <撮影 編集部> 全 1 枚
/
拡大写真
 GACKTが、5月2日放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)に出演。彼が語る極端な恋愛観に、橋本マナミがドン引きする一幕があった。


 彼女いない歴5年というGACKTは、「昔のように女と遊びたいという欲がない」と語ったものの、一方で「女性を口説くのがすごい上手なんです」と豪語。ただ「女性と(恋愛)関係を続けるのが世界でワースト5に入るぐらいひどい」と反省の弁を述べた。

 例えば女性に対し「詰める作業が多い」と明かし、何かと追い詰めてしまうのだとか。例えば女性の前で服をわざと脱ぎ捨て、どんな反応をするのか見るのだという。だが女性がその服を無視して目の前を通り過ぎていくと、「ちょっと待て」と制止。「お前の目の前に脱いだ物があって、お前はこれが見えないか?」と追及するそう。

 さらにGACKTは、家にはメイドがいるとしながら、女性に対し「食事を作れとも言わない。掃除をしろとも求めない。洗濯もしなくていい。お前は何ができる?」と真っ向から、その人間力を問いただすという。

 これを聞いた坂上忍は「めんどくさいわ、やっぱり。俺より上だわ」とあきれていたが、同様に橋本も「(GACKTの)恋愛観は、ちょっとないな……」とポツリ。坂上が繰り返し、彼女に「炊事も洗濯も掃除もやらなくていいんですよ。で、お前は何やるの?」と言うと、「一番最悪です、それが」とばっさり。「まだ『家事やれ』って言われたほうが分かりやすい」と話していた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース