城南海、映画『ムーラン』主題歌決定に「夢が叶って本当に嬉しかった」 | RBB TODAY

城南海、映画『ムーラン』主題歌決定に「夢が叶って本当に嬉しかった」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 全 2 枚
拡大写真
 ディズニー最新作『ムーラン』(5月22日公開)の主題歌を歌うアーティストが、城南海に決定した。


 主人公・ムーランは、愛する父の身代わりとなり、男性と偽って兵士として国の運命をかけた戦いに立ち向かっていく勇敢な女性。その実写化となる今作では、主人公ムーランにリウ・イーフェイが抜擢。透明感がありながらも強さを兼ね備えた容姿で、ムーランを演じていく。

 主題歌アーティストに決まった城南海は、奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガーで、鹿児島県奄美大島出身の30歳。NHK大河ドラマ『西郷どん』(2018)の劇中歌・大河紀行テーマをはじめ、これまで数々のドラマ主題歌や、舞台で圧巻の歌声を披露してきたが、洋画の主題歌を担当するのは今回が初めてとなる。

 主題歌「リフレクション」は、1998年公開のアニメーション版『ムーラン』の主題歌としてクリスティーナ・アギレラが歌唱。“自分らしくありたい”と思う一方で、愛する家族や故郷のために自分を男と偽り、国の命運をかけた戦いへ出ることを決意するムーランの心情と葛藤が歌い上げられる、切なくも壮大なバラードとなっている。

 今回の決定について城は「夢が叶って本当に嬉しかった!」と喜び。「ふるさとから出てきて、東京に住んで十数年。なかなか自分らしくいられない時や、本当の自分ってなんだろう、と考えることがすごくあった。そんな自分と歌詞を重ね合わせながら、ムーランの姿も重ねて歌いました」と主題歌の歌詞に共感し、思いを込めて歌ったという。

 なお、今作オリジナル版では、アニメーション版と同じくクリスティーナ・アギレラが再び「リフレクション」を歌唱。アギレラの歌を聞いた城は、「すごくパワフルでアニメーション版よりもパワーアップしていて今回の実写版『ムーラン』にぴったりだと思いました。“私も負けないぞ!”と思いました!」と語っている。

 映画『ムーラン』は、5月22日公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース