バイきんぐ小峠、実は「なんて日だ」はやりたくない? | RBB TODAY

バイきんぐ小峠、実は「なんて日だ」はやりたくない?

エンタメ その他
バイきんぐ・小峠
バイきんぐ・小峠 全 1 枚
/
拡大写真
 29日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)最終回は、いつもはMCのバイきんぐ・小峠英二がゲストとして出演。今回は小峠の「なんて日だ!を何回言ってんだ人生」を掘り下げると紹介されると、小峠は「いやいや、そんなに言ってねえよ」と突っ込んだ。

 コンビ結成24年を迎えたバイきんぐ。テレビに出始めの頃は定番ギャグの「なんて日だ!」の要望が多かったものの、ここ数年はやりたくなくなったという。その理由を小峠は「だってウケないんだもの。カンペが出たらやるけど、やったらウケないし、カンペを出したディレクターさんも笑ってないんだから」とこぼした。

 番組では、小峠が中学時代、野球部では3年間補欠だったことや、中3で初めて公式試合に出させてもらったものの、代打での初打席でいきなり顔面デッドボールを食らって出塁すると、再び顔面に牽制球をぶつけられたなどのエピソードが明かされた。

《角谷》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース