小倉智昭、黒川検事長辞任で検察の対応に不満「自分たちのことだと軽く済ませ……」 | RBB TODAY

小倉智昭、黒川検事長辞任で検察の対応に不満「自分たちのことだと軽く済ませ……」

エンタメ その他
小倉智昭【撮影:non】
小倉智昭【撮影:non】 全 1 枚
/
拡大写真
 22日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)で小倉智昭が黒川検事長の早すぎる辞任に疑問をなげかけた。

 文春オンラインのスクープによって朝日新聞、産経新聞記者との賭けマージャンが明らかになった東京高検の黒川弘務検事長が辞表を提出。新聞社は今回の件でお詫びをだした。番組では街の声を紹介、そのなかには退職金なしを訴える人もいたが今回は訓告という比較的軽いものにとどまり、退職金は満額支給となる。コメンテーターとして出演していた政治ジャーナリストの田崎氏は「国家公務員ですから懲戒処分を行うべきだった。数年前からやっているということであれば常習性があったということ。もっと検察庁が調べるべきだった」と話し、検察庁の会見がないことに対しても疑問を投げかけた。

 またMCの小倉智昭も「検察っていうのはプロじゃないですか。取り調べをしてどれくらいの罪状なのか求刑する立場にあるわけでしょ。自分たちのことだと軽く済ましてしまうっていうのはちょっとおかしいよな」と、辞任による幕引き対応に不満をぶつけた。

 ちなみに元東京地検特捜部の若狭勝弁護士からは言語道断、自覚がなさすぎる
話にならないといった厳しい言葉が出ていた。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース