カラテカ矢部、『大家さんと僕』でこだわった最後の一コマ明かす | RBB TODAY

カラテカ矢部、『大家さんと僕』でこだわった最後の一コマ明かす

エンタメ その他
写真提供:MBS
写真提供:MBS 全 4 枚
拡大写真
 5月26日深夜1時59分からは、『OF LIFE』(MBS系)が放送。傑作選として、カラテカ・矢部太郎の漫画家としての顔に迫った模様が放送される。


 矢部は、漫画家としてのデビュー作『大家さんと僕』が累計120万部を超えるベストセラーに。2018年には芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる「手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞した。同作の連載が始まって4ヵ月が経った2018年8月には、作品のモデルとなった大家さんが亡くなった過去も。「途中で目的を失った」という矢部だが、連載を続けられたのは「大家さんへの感謝の気持ち」だったという。

 同作の最終話は、矢部が最後に大家さんをお見舞いに行った時のことがベース。「あれが最後だと思ってなかった」という、大家さんと矢部が交わした最後の会話。最後の最後まで矢部がこだわった一コマとは?

 今年に入って、再びペンをとった矢部、大家さんの次に描くテーマは「子どもの僕より子どもっぽい感じ」という父と過ごした幼少期。思い出の数々を描いたオールカラーの新作漫画『ぼくのお父さん』の連載が4月からはじまった。心温まるお父さんとの交流がどのように描かれているのか?

 『OF LIFE』(MBS系)は、5月26日深夜1時59分から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース