森三中・大島美幸、コロナ「濃厚接触者」としての生活を振り返る | RBB TODAY

森三中・大島美幸、コロナ「濃厚接触者」としての生活を振り返る

エンタメ その他
(c)TBS
(c)TBS 全 2 枚
拡大写真
 30日放送の『サワコの朝』(TBS系)に、森三中の大島美幸がゲスト出演する。


 森三中メンバーの黒沢かずこが新型コロナウィルスに感染したことが判明し、突然「濃厚接触者」となった大島。「どうしようって思った。パニックでした」と当時を振り返り、一歩も外に出ることなく自宅で過ごした2週間の観察期間について語る。

 また、小学4年生から中学1年生までいじめを受けていたという大島が、お笑いを目指し、森三中を結成するまでの経緯や知られざる結成秘話も明かされる。

 さらに、夫で放送作家の鈴木おさむとの出会いや新婚時代にまつわる今だから話せるエピソードや、18年の結婚生活で築き上げてきた「家族の絆」にも迫る。

《かいこま》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース