大阪府・吉村知事、うがい薬会見で批判殺到!ツイートで再説明 | RBB TODAY

大阪府・吉村知事、うがい薬会見で批判殺到!ツイートで再説明

エンタメ その他
拡大写真
 大阪府の吉村洋文知事が5日、うがい薬による新型コロナウイルスの予防効果について、自身のツイッターで改めて説明している。


 4日、吉村知事は記者会見で、ポビドンヨードを含むうがい薬を使用することで、唾液中の新型コロナウイルスの減少が期待できると説明。軽症者にとっても、唾液中の新型コロナウイルスが重症化を引き起こす可能性があるほか、周囲にうつす危険性もあることから、これを軽減する策として、風邪などに似た症状がある人とその家族、接待を伴う飲食店従業員、医療・介護従事者に向け、うがい励行を呼びかけていた。

 ただ、こうした吉村知事の発言を「うがい薬が新型コロナウイルス予防効果あり」と誤解した人も多く、薬局ではうがい薬の買い占め行動が増加。5日のツイッターで吉村知事は、うがい薬の使用によって唾液中の新型コロナウイルス検出数が減った記事を引用した上で、「誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません」と説明。

 「重症化を防ぐ効果の検証はこれからです。判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること」とし、症状がある人や周囲にうつす危険性が高い人に向けた策であることを改めて説明しているが、「吉村さん、もうすでに薬局にはありません。品薄で買えません。何軒も回ったけど全くないです」「府民に使用を促すなら、府民全員に配るくらいしてあげないと」「混乱招いただけ」など批判の声が多く寄せられている。

《KT》

【注目記事】

関連ニュース