『キングオブコント2020』ファイナリスト10組が発表 | RBB TODAY

『キングオブコント2020』ファイナリスト10組が発表

エンタメ その他
『キングオブコント2020』ファイナリスト(C)TBS
『キングオブコント2020』ファイナリスト(C)TBS 全 2 枚
拡大写真
 TBSは、9月26日にお笑い芸人がネタを披露する企画ばかりを集めた『お笑いの日2020』を生放送する。このほど、同日に放送される『キングオブコント2020』のファイナリスト10組が発表された。


 決勝進出が決まったのは、うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディの10組。それぞれ、決勝への思いを語っている。

 うるとらブギーズの佐々木は「昨年が準優勝という結果で、さらに上を目指すと優勝しかありませんので今度は頂点を目指します」と力強いコメント。八木は、「芸歴15年目にしてアルバイトをしなくて良くなりました。優勝して引っ越しもしたいので100%の力を出しきりたいです」と語った。空気階段の鈴木は、「優勝したら2人で500万円ずつになるので、ニンジンをぶら下げてじゃないですがおカネの力も 借りて頑張りたいです」としたほか、水川は「昨年は初めて決勝に進出させていただいたんですが、どぶろっくさんが優勝するまで賞金が獲得できる勝負だということを忘れていました。それが最大の敗因です」と昨年の敗因を分析した。

 ザ・ギースの尾関は「準決勝に残った34組の中で、決勝に残れなかった吉本さんに所属していない他事務所7組の分まで頑張ろうと思います」としたほか、ジャルジャルの福徳は「昨年は決勝前に僕が足を骨折してしまい、ネタを変更して沢山の方々と相方の後藤に迷惑をかけました。今年は体調を万全にして最高のパフォーマンスを見せたい。そして納得がいくように13回目の挑戦!いい加減結果を出して有終の美を飾りたいと思います」とコメント。

 ジャングルポケットのおたけは、「昨年『キングオブコント』に挑戦していなかったからなのか、しばらく腑抜けた自分がいましたので、気を引き締めて頑張りたいです」と番組出場に至った経緯を説明。滝音のさすけは、「正直、準決勝まで来られたのもラッキーだと思っています。今まで家族のためにお笑いをすることはなかったのですが、3歳になる子がテレビで私が頑張る姿を見て一喜一憂するんです。ですからとにかく子どもを笑顔にするために頑張りたいです」と意気込んだ。

 『キングオブコント2020』(TBS系)は、9月26日19時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース