市川猿之助、『半沢直樹』“15分拡大版”が多い真相告白! | RBB TODAY

市川猿之助、『半沢直樹』“15分拡大版”が多い真相告白!

エンタメ その他
市川猿之助(Photo by Sports Nippon/Getty Images)
市川猿之助(Photo by Sports Nippon/Getty Images) 全 1 枚
/
拡大写真
 市川猿之助が、22日放送の『バナナサンド』(TBS系)に出演。日曜劇場『半沢直樹』(同系)の意外な真実を明かした。


 半沢の天敵・伊佐山部長の役で話題を集めた猿之助。この熱演について本人は「(視聴者から)ウザいと思われたかった」と語り、予想以上に大きな反響があったことに本望の様子。

 バナナマン設楽統から、「話を聞くと、(現場では)台本以外の部分を肉付けしたりする……」と指摘されると、「作品に合っていれば、それを許してくださる監督なので」と、演出の福澤克雄について言及。第4話で伊佐山が大和田取締役(香川照之)に向けて放った「土下座野郎」はアドリブだったと明かした。

 また、第2話で半沢に謝罪を求める際に「詫びろ」を8回繰り返した件について、もともと脚本では「詫びろ」の一言だけだったと告白。これに対し設楽が「当然、尺が長くなっていきますよね?」と聞くと、「だからほとんど(初回から)4回まで15分拡大だったですよね」と告げた。

 アドリブで放送時間が増えるという信じがたい話に伊達みきおが「あー、それで伸びてたんだ!」と驚き、設楽も「その15分!?」とびっくり。猿之助は「その蓄積で」と笑っていた。

 『半沢直樹』の放送時間だが、第1話は25分拡大、さらに第2話・第4話・第9話が15分拡大となっている。最終話も15分拡大予定。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース