ますだおかだ岡田、4年ぶりドラマ出演!人情味あふれる“おせっかいおじさん”役 | RBB TODAY

ますだおかだ岡田、4年ぶりドラマ出演!人情味あふれる“おせっかいおじさん”役

エンタメ 映画・ドラマ
岡田圭佑(C)フジテレビ
岡田圭佑(C)フジテレビ 全 3 枚
拡大写真
 3人のシングルマザーが、あるきっかけで人生を好転させた実話をオムニバスドラマ形式で描いた特別番組『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』(フジテレビ系)が、10月1日21時から放送。今回、長谷川京子が主演を務める『おかんのために』に岡田圭右、山崎竜太郎、福本莉子の出演が決定した。


 『おかんのために』は、原因不明の病を抱えながら、甲子園での優勝を夢見る息子を支えるシングルマザーの愛情あふれる物語。岡田は、前原真弓(長谷川)が働く整体院の常連客・中島政二役を演じる。岡田のドラマ出演は『浅見光彦シリーズ・風のなかの櫻香』(2016年/TBS)以来、4年ぶりのこと。また、主演の長谷川とは今作が初共演。

 2人は、従業員と客の立場とはいえ、働きづめの真弓を心配して気遣いの言葉をかけたり、漫談のような会話で笑い合ったりする間柄。真弓の息子が高校野球の強豪校・大阪桐蔭高等学校に入学してからは、もっぱらその話題に。時に真弓が知らない情報も把握しているほど、熱心に応援している。ひょうきんで人情味あふれる“おせっかいおじさん”中島の人柄を、岡田はどのように表現するのか。

 また、母に感謝していながらも素直になれない息子・前原光司役を、6歳で俳優の活動を開始してからさまざまな作品に出演する山崎が、誰よりも母に寄り添う明るい娘・前原聖子を、第8回「東宝シンデレラ」グランプリ受賞後、多方面で活躍する福本がそれぞれ演じる。

 岡田は、同作について「“大阪愛”“野球愛”、そして“親子愛”。いろんな“愛”がつまっていますわ!」と解説。自身の演じる役柄については「まさに等身大です」と語っている他、4年ぶりのドラマ出演については「俳優さん、ドラマスタッフさんへのリスペクト!」とコメント。視聴者に向けては、「アドリブが少々入っておりますので、それはどこか探してください!」と呼びかけている。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース