村川絵梨、サプライズの“日本酒バースデイケーキ”に歓喜 | RBB TODAY

村川絵梨、サプライズの“日本酒バースデイケーキ”に歓喜

エンタメ その他
村川絵梨【写真:竹内みちまろ】
村川絵梨【写真:竹内みちまろ】 全 5 枚
拡大写真
 女優の村川絵梨が4日、都内にて開催された日本酒「えりごのみ104 純米大吟醸」の特別試飲会に出演した。

 今年12月に初日を迎える舞台「No.9-不滅の旋律-」、そして2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」への出演が控えている村川は、“日本酒のソムリエ”と呼ばれる「きき酒師」の資格を持ち、約1年の開発期間をかけ石川県金沢市の老舗酒蔵「福光屋」とともに日本酒「えりごのみ104 純米大吟醸」(10月4日発売)をプロデュースした。

 イベントでは囲み取材が行われ、村川は、4年前に山形にロケに行った際、地元の人から日本酒を勧められたエピソードを紹介。それから日本酒にはまり、今では、週に5回ほどは晩酌をするそう。「えりごのみ104 純米大吟醸」については、「家で自分が本当に美味しいと思って飲めるお酒にしたいなと思いました」と開発コンセプトを説明した。

 また村川は、この日が33歳の誕生日。今後1年間の抱負を尋ねられると、「こんな華やかな誕生日はなかなかないので」としながらも、「誕生日といっても、もう、『おめでとう』と言ってもらう年でもない気がしますが、今年は年末も色んなことがあります。『年末の舞台もできるのかな?』という不安な年でしたが、なんとかできそうです。来年は念願だった大河ドラマだったりなど、仕事の面ではすごく楽しみなことがあります」と笑顔を弾けさせた。「あともうひとつ、ライフワークではないですけど、(今回の日本酒プロデュースは)日本酒というものをこれからやっていくためのすごく大きな一歩になったかなと思います。33歳、自分ですごく楽しみです」と笑顔を弾けさせた。

 イベントでは、サプライズで、スポンジに「えりごのみ104 純米大吟醸」を染み込ませた特製バースデイケーキが贈られる一幕があった。村川は「すごい!」、「かっこいい!」と声を上げ、「“お酒ケーキ”ですね。みんなで味見したい!」と歓喜していた。

《竹内みちまろ》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース