青山テルマ、ロスのギャング街で小学校生活!12歳でメキシコ人とタイマン | RBB TODAY

青山テルマ、ロスのギャング街で小学校生活!12歳でメキシコ人とタイマン

エンタメ その他
青山テルマ【撮影:小宮山あきの】
青山テルマ【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
 青山テルマが、4日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)に出演。暗黒の小学生時代を振り返った。

 当時、日本のインターナショナルスクールに通学していたというテルマ。だが年間100万円にもおよぶ学費の支払いで貯金が底を突き、やむなく小学校6年生のとき渡米し、授業料が無料だというアメリカの公立学校へ。

 だがやはりお金があまりにもなかったことから、治安が非常に悪い、家賃も安い地域に住むことに。また、「学校もほんとに一歩間違えたらギャングに襲われるくらいの、めちゃくちゃ怖い街にあった」と回顧。そこはロサンゼルスのギャング街だったそうだが、テルマは「ギャングに入るのもイヤだったから勉強も頑張って、めっちゃ頭良くなった」と回顧。結果「飛び級しますか?」と言われるほど優秀な成績をおさめたのだとか。

 その後、母親がアルバイトで貯めた資金で以前より治安の良い場所に引っ越すことができたという。ところが、そこには米や醤油といった日本特有の臭いがないことから、イジメの対象に。

 またテルマは「そこでメキシコ人とタイマンするんですけど」とあっけらかんと話した。ちなみにそのとき彼女は12~13歳 。岡村隆史は「12、13でアメリカで暴れるって、なかなかの気合い……」と驚いていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース