Netflix「嵐」ドキュメンタリー、新話予告編公開 | RBB TODAY

Netflix「嵐」ドキュメンタリー、新話予告編公開

エンタメ その他
ARASHI’s Diary -Voyage-
ARASHI’s Diary -Voyage- 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 Netflixは、19日16時よりオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI’s Diary -Voyage-」の第15話(タイトル:2020年)を、31日16時に第16話(タイトル:OHNO’s Diary)を全世界独占配信する。


 第15話の始まりは、2019年大晦日。櫻井が白組司会、そして嵐が大トリの大役を務めたNHK紅白歌合戦を終え、ジャニーズカウントダウンライブへと向かう移動車の中で迎えた新年。この“2020年”を彼らの活動とコメントで振り返る。デジタル解禁、世界進出に向けての活動も本格化し、LAでのMV撮影、レコーディング、打ち合わせなどを行う中、2月中旬、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大。緊急事態宣言が発令され、東京オリンピックの1年延期が決定。並行して準備を進めていた国立競技場公演も難しいという状況に。そんな中でも、嵐らしく「今の状況の中で、何ができるか?」に立ち向かい続けた“2020年現在”の5人の軌跡を追う。

 第16話は大野智が主人公。多感な少年時代を過ごした地元、思い出の地を訪ねながら、楽しそうに語られる幼い頃の記憶、ジャニーズ事務所入所とジャニーさんとの出会いなどを振り返っていく。第16話では5年ぶり3度目の個展開催へ向けた制作活動にも密着。アトリエで1人、嵐の歌を聴きながら黙々と作品と向き合う日々。ファンへの強い想い、嵐のリーダーとしての覚悟と涙など、普段、あまり表に出すことのなかった、大野の“本当の想い”に触れられる映像となっている。



《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース