5Gに対応、カメラを強化……4モデルの区分が明確になった「iPhone 12」シリーズ | RBB TODAY

5Gに対応、カメラを強化……4モデルの区分が明確になった「iPhone 12」シリーズ

IT・デジタル スマートフォン
5Gに対応、カメラを強化……4モデルの区分が明確になった「iPhone 12」シリーズ
5Gに対応、カメラを強化……4モデルの区分が明確になった「iPhone 12」シリーズ 全 1 枚
/
拡大写真
 アップルから発表されたiPhone 12シリーズ4モデルはすべてが5Gに対応し、これからの5G時代を見据えた製品として5G市場の中心的存在になりそうだ。



 iPhone 12 miniが5.4インチ、iPhone 12とiPhone 12 Proが6.1インチ、iPhone Pro Maxが6.7インチとディスプレイサイズが順に大きくなっていることも製品の区別をつけやすくしている。

 iPhone 12 miniとiPhone 12は10万円以下の価格に抑えており、5Gスマートフォンとしても手ごろだ。それぞれの価格は7万4800円から、8万5800円から、となっている(いずれも税別)。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは「Proモデル」ということで価格は10万6800円から、11万7800円から(税別)。

 5Gの対応はドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社。Sub6のみに対応しミリ波は非搭載となった。なお北米向けのiPhone 12シリーズのみミリ波に対応する。

 カメラはiPhone 12 mini、iPhone 12が1200万画素の広角と超広角を搭載するデュアル仕上げ。広角カメラはF値を1.6と明るくした。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはそれに加えて1200万画素の望遠カメラを搭載。iPhone 12 Proは光学4倍、iPhone 12 Pro Maxは光学5倍望遠に対応する。

 iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは新しい写真フォーマット「Apple ProRaw」にも対応。動画は10 bit HDR 4K 60fpsのDolby Visonに対応。さらにLiDARスキャナーも搭載し暗所でのピント合わせがより強くなった。iPhone 12 Pro Maxはセンターシフト方式の手振れ補正にも対応することで、ぶれの防止はかなり強力だ。

 本体デザインも一新され、ディスプレイサイズをシリーズごとに分け、5Gにも対応。そしてカメラも強化されたiPhone 12シリーズはどのモデルもそれぞれ魅力のある製品に仕上がっているだろう。

《山根康宏》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース