キンコン西野、自身作の原画コピーを1200万円で販売 共演者驚き「コピーで!?」 | RBB TODAY

キンコン西野、自身作の原画コピーを1200万円で販売 共演者驚き「コピーで!?」

エンタメ その他
キングコング・西野亮廣【写真:編集部】
キングコング・西野亮廣【写真:編集部】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 絵本作家としても活躍するキングコング西野亮廣が、10日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に出演。絵画ビジネスの“からくり”を激白した。


 西野はまだ絵本作家として駆け出しだったころ、「最初に自分の絵を買ってくださったのが(博多)大吉さん」と感謝。すると大吉も、当時なんと30万円でオリジナルの絵を描いてもらったと回顧。その太っ腹なエピソードに千鳥ノブは「30万円出したんですか!?」と驚き。

 この後「西野の絵は今、どのくらいで売れるのか」という質問が飛んだ。すると本人は「今は原画では販売していない」とした上で、「今売っているのはすべてコピー」と言及。さらにはそのコピーの販売価格について「1000万円」とあっけらかんと回答。

 これを聞いた大吉も「コピーよ?コピーを1000万円で売ってるの!?」とア然。西野は少し慌てながら「30枚のセットで1000万円」と補足説明するも、その直後に「あ、1200万円。今、たぶん」と訂正した。

 これに対して大悟は「大吉先生は、もっと前の原画を持ってるんだ」と感心。ノブも「西野が売れれば売れるほど、(その原画の値段も)めっちゃ上がりますよ」と指摘されると、大吉は「『鑑定団』に持ち込む準備はできてます」と答えていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース