「好きだよ!」「バカ社長!」…最後の切ない告白にネット「恋って苦しい」『恋あた』第5話 | RBB TODAY

「好きだよ!」「バカ社長!」…最後の切ない告白にネット「恋って苦しい」『恋あた』第5話

エンタメ その他
(c)TBS
(c)TBS 全 2 枚
拡大写真
 森七菜主演の火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の第5話が17日放送され、森演じる樹木が、中村倫也演じる浅羽についに告白したことが話題となった。


 前回、新谷(仲野太賀)に突然のキスをされた樹木(森)。その出来事について、里保(石橋静河)と一岡(市川実日子)に、友達のこととして語る。すると話の流れから、里保が、元カレである浅羽とヨリを戻したがっていることを知ってしまう。

 新生ココエヴリィのもとに、密着取材のオファーが舞い込んだ。浅羽とともにインタビューに応じることになった樹木だったが、2人並んだ写真を求められた際、浅羽への思いが交錯し、どうしても笑顔になれない。

 週末、里保は浅羽を誘い、デートへ。2人はお互いの気持ちを確かめ合い、またやり直すことに。そして新谷も、樹木と遊園地デートへ。そこで新谷は彼女に「今までどおりじゃ嫌なんだ」「樹木ちゃんの特別になりたい。今すぐじゃなくていい」と思いを告げる。樹木は「ありがとう」とだけ返す。

 このあと浅羽は神子亮(山本耕史)の告発によって、ココエヴリィを勝手に売却しようとしていたことが明るみとなり、社長職を解任される。それを知った樹木は、食べてくれると約束した「りんごプリン」を持って、会社を去る彼を追いかける。浅羽は寂しそうに「ありがとう」とだけ言うと、車を走らせる。樹木はそのドア越しで「行かないでよ!」「好きなの!」「バカ社長!」と叫ぶ…。

 浅羽が社長を辞め、会社を去るというタイミングでようやく樹木が思いを告げるというラストシーンに「こんな切ない終わり方ある!? 」「樹木ちゃん真っ直ぐだから余計に泣ける」「最後の浅羽の『ありがとう』が忘れられない」「なんで人の気持ちって伝わらないんだろうってもどかしくなる(中略)恋って苦しいね本当に」といった声が寄せられた。

 次回、ココエブリィ本社では、浅羽を背信行為として退陣させた神子が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻ろうとしていた。だが、樹木(森七菜)は心ここにあらずの様子で……。『この恋あたためますか』第6話は24日よる10時放送。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース