小型端末派待望のiPhone12 miniレビュー!性能面でも「買い」のモデル! | RBB TODAY

小型端末派待望のiPhone12 miniレビュー!性能面でも「買い」のモデル!

IT・デジタル スマートフォン
小型端末派待望のiPhone12 miniレビュー!性能面でも「買い」のモデル!
小型端末派待望のiPhone12 miniレビュー!性能面でも「買い」のモデル! 全 10 枚
拡大写真
 最新のA14 Bionicチップを搭載しながら、名前の通り片手に収まるサイズのiPhone12 mini。大画面化した近年のiPhoneがどうも馴染まないと感じていたユーザーにとってはまさに待望の製品だ。サイズ感とカメラ性能を中心にファーストインプレッションをお届けしよう。

片手だけで操作可能なサイズが最大の魅力


 5.4インチディスプレイを備えた端末は、手が小さめでも無理なく片手で持てるサイズ。右手で持った状態で、最も遠い左上のアイコンをタップすることも可能だ。

ホーム画面の一番遠いアイコンにも指が届く


 エッジ部分は他のiPhone 12シリーズと同様の角張ったデザイン。この形状も相まってホールド感は非常に高い。

角張ったエッジに指をしっかり引っかけることができる


 iPhone 12 mini、12 Pro、12 Pro MAXの3モデルを持ち比べてみた(iPhone 12は12 Proと同サイズのため割愛)。mini以外のモデルは、画面上部のアイコンをタップしようとしたときにバランスが崩れるなどして片手だけで操作を完結するのは厳しい。

左からiPhone 12 mini、12 Pro、12 Pro MAX


 一方で、持ちやすさとトレードオフとなる部分もある。ディスプレイサイズはiPhone 12 miniが5.4インチ、12/12 Proが6.1インチ、12 Pro MAXが6.7インチだが、画面が小さくなればそのぶん表示できる情報量も少なくなる。

左からiPhone 12 mini、12 Pro、12 Pro MAX。1行あたりの文字数、1画面に表示できる行数ともにminiが最も少ない


 ちなみに過去モデルと比較すると、iPhone 5Sや初代SEの端末を縦横ともにやや大きくした程度のサイズとなる。7年前の5Sと並べてみると、端末サイズは同程度ながらディスプレイがかなり大型化していることに進化を実感する。

左がiPhone 12 mini、右がiPhone 5S。ディスプレイは12 miniの5.4インチに対して5Sは4インチだった

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《酒井麻里子》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース