北川景子が昭和の銀幕スターに!山田洋次作品に初参加 | RBB TODAY

北川景子が昭和の銀幕スターに!山田洋次作品に初参加

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021「キネマの神様」製作委員会
(C)2021「キネマの神様」製作委員会 全 3 枚
拡大写真
 映画『キネマの神様』に、新たなキャストとして北川景子の出演が決定。そのキャラクタービジュアルと、本作撮影シーンとしては初公開となる場面写真が解禁された。


 北川が演じる園子は、ゴウ(菅田将暉)とともに映画の黄金時代を生きた銀幕のスター。解禁されたキャラクタービジュアルには、スクリーンの中で芝居をする園子の姿が映し出され、その物悲し気な表情と眼差しが語る物語の世界に引き込まれそうになる。

 一方の場面写真は、女優・桂園子の日常の姿を捉えたもの。スクリーンの中に生きる役の姿とはまた異なる、華やかで魅力的な姿が切り取られている。

 北川は出演にあたり、「山田監督は私が小さい頃から巨匠として存在されていて、まさか監督の作品に参加させていただけるなんて最初は驚きでした。監督が現場で生み出す演出にはいつも説得力があり、撮影の空気が一気に変わっていく様は、非常に印象的でした」とコメントしている。

《かいこま》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース