坂上忍、渡部建の会見にいた1人の記者にイラッ「そこまで馬鹿にする必要があるのか」 | RBB TODAY

坂上忍、渡部建の会見にいた1人の記者にイラッ「そこまで馬鹿にする必要があるのか」

エンタメ その他
坂上忍【写真:竹内みちまろ】
坂上忍【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
 坂上忍が、4日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、昨夜開かれたアンジャッシュ渡部建の謝罪会見に言及した。


 会見の中で集中した質問が、渡部が『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大晦日特番『笑ってはいけない』に出たかどうかということ。

 だが彼は、番組との協定で出たことを口外できないのか、「それに関しては私のほうから言えることがない」と回答。するとある男性記者が「我々もガキの使いで来てるんじゃないんで」と毒づくと、他の報道陣から笑いが漏れていた。

 渡部に対するこの記者の態度に坂上は、「そもそもの発端は渡部君」と前置きした上で、「収録した番組のことも一切言えないって、記者の方々たちのイラ立つ気持ちも分からないでもない」と言及。一方で、「ああいう形で、渡部君を嘲笑するようなやり方っていうのは僕はあってはならない」と断絶。

 さらに、「『ガキ使』のタイトルをひっかけて、どこの番組(の記者)か知らないですけど、(会見の)使いどころを自力で作るみたいなやり方っていうのが、ちょっとねぇ…許せなくなっちゃった」と不満をぶつけた。

 元『週刊文春』記者でジャーナリストの中村竜太郎も、この記者の発言について、「ご本人が、ここを何とか乗り切らなきゃいけないという必死さが伝わってきている中で、からかうような発言は私としても個人的には許せない」と憤慨。「一生懸命、人前に出てカメラの放熱にさらされて、言葉を何とか手繰り寄せようとしている相手に対して、あんな失礼な発言はないと思う」と断罪。「昨日の発言は本当になかった。何て失礼なんだ」と繰り返した。

 また土田晃之は、「答えられないことを何回も聞くリポーターの人に聞きたいんですけど、逆に正解はなんですか?」と非難。「本当、昭和を見てる感じというか」と切り出し、「いろんな職業が変わってる中でまだこういう感じなんだ」とあきれた。

 芸能リポーターの島田薫によると、「ガキの使い」発言をした記者はある番組のディレクターで、会見では毎回のようにいる有名なスタッフだという。これについて坂上が島田に「ああいうのを聞いて気分いいですか?」と質問。すると彼女は「(話題に引っ掛けた質問をして)うまいなっていう時もちろんある」と答えながらも、「昨日はちょっと空気的にうーん…と思いました」と本音を吐露。坂上は「そこまでやる必要があるのか。そこまで馬鹿にする必要があるのか」と、憤りを感じているようだった。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース