兼近大樹、新居は家賃41万円のタワマン!同期芸人とのルームシェアは継続 | RBB TODAY

兼近大樹、新居は家賃41万円のタワマン!同期芸人とのルームシェアは継続

エンタメ その他
EXIT・兼近大樹【撮影:小宮山あきの】
EXIT・兼近大樹【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
 EXIT兼近大樹が、11日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演。新居を家賃41万円のタワーマンションに決めたことが明らかになった。


 これまで家賃18万円の2LDKの一軒家に同期の芸人2人と暮らしてきた兼近。ただ家賃の7割は彼が支払ってきたという。さらに吉本興業を経由する形で毎日のようにファンレターやプレゼントが大量に届き、あらゆる部屋を占領。生活が困難になってきてしまったのだとか。

 そこで今回、2人の同期芸人と引き続きルームシェアをするため様々な物件をめぐり、新居選びをすることに。その中で彼らが決めたのが都内一等地にある、家賃41万円のタワマン。廊下は黒の大理石で敷き詰められた高級感のある造り。外の景色は場所が分かってしまうため見せてはいなかったが、日本でベスト10に入る超高層マンションということもあり、天空から見下ろしている雰囲気が味わえるという。

 設備も充実。キッチンには食洗器、そして生ごみを粉砕するディスポーザー。浴室にはミストサウナ、洗面所の鏡の幅は約180cm。ウォークインクローゼットは2.5帖と、大量のプレゼントも余裕で入る大きさとのこと。

 最後に、なぜ3人のルームシェアを続けるのか聞かれた兼近は「どこに住むかというよりは、誰と住むか、どうやって生きるか」と話していた。 

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース