大泉洋、仕事を選ぶときの基準明かす…「小さいのはできない」 | RBB TODAY

大泉洋、仕事を選ぶときの基準明かす…「小さいのはできない」

エンタメ その他
大泉洋【撮影:小宮山あきの】
大泉洋【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※話題のグラビア、写真集はこれだ!※話題沸騰、熊切あさ美16年ぶり写真集で大胆ショット!※橋本梨菜、温泉×小麦色の肌がテーマの写真集「黒蜜」!

 大泉洋が、11日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演。故郷・北海道への愛を語った。


 この日のオープニングでは、主演した日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)から『NHK紅白歌合戦』の白組司会、さらにはすでに出ることが発表されている2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の話題まで飛び出した。

 ところが散々話を振っておきながら、今田耕司が「それはもう全部(カット)」とボケると、大泉は「全部こうなるんだったらやめてください」と懇願しつつ、「今日、北海道帰らなきゃいけないんで」と語った。それは今も地元で担当している番組出演のため。実はバラエティ番組を3本も掛け持ちしているのだという。

 さらにこのあと、上京当時のエピソードを告白した大泉は、「別に東京でやっていくつもりではなかった」、「(北海道はもちろんのこと)東京の仕事もやるよというスタンスだった」と説明。東京のマネージャーが持ってくる仕事に対しても「こういう小さいのは僕はできないんです。北海道の人がガッカリするから」と断り、「エキストラみたいなことはできない」と拒否していたそう。

 彼はまた、「北海道の人たちが見た時に『うわっ、こいつ、すごい仕事やった!』というのではないとやりません」とも主張していたのだとか。だがマネージャーからは「じゃ何に出るんですか?」と逆にツッコまれていたと語っていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース