明日公開!映画『ワンダーウーマン 1984』から3分の長尺シーン映像が解禁に | RBB TODAY

明日公開!映画『ワンダーウーマン 1984』から3分の長尺シーン映像が解禁に

エンタメ 映画・ドラマ
(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics
(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics 全 1 枚
/
拡大写真
 12月18日に公開される『ワンダーウーマン 1984』より、冒頭長尺シーン映像が解禁された。


 スミソニアン博物館で働く考古学者・ダイアナのもうひとつの顔、それはヒーロー界最強とも言われる桁外れのスーパーパワーを秘めた戦士「ワンダーウーマン」。1984年、人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックスの巨大な陰謀と、立ちはだかる正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)に絶体絶命の危機が訪れる。ワンダーウーマンはたった一人で世界の崩壊を止められるのか?

 解禁された映像には、スポーツエンタメ番組『SASUKE』を彷彿させる過酷な試練に挑む最強ヒーロー ワンダーウーマンの幼少期の姿が映し出されている。ワンダーウーマンの故郷セミッシラで、スピード・パワー・知性を競い合うレースに、成熟した大人の戦士たちが集う中、一人果敢に立ち向かうダイアナ。広大な島を馬で駆け巡り、的を的確に射て、常に動くアスレチックのような足場を縦横無尽に飛び回る戦士たちの姿も印象的。

 ワンダーウーマン役のガル・ガドットは冒頭シーンについて「初めてこのシーンを見た時、私は幼いダイアナが自分のやり方で試練に挑んでいて、深く感動させられました。私とパティ(・ジェンキンス)監督はダイアナの歴史や、彼女の人生がどういうものだったかについてよく話し合いました」とコメント。

 ふんだんに詰め込まれたスリル溢れるアクションについて「観客が見ることになるアクションのほとんどは、実際に役者が演じています。顔の表情からもその重みや動き、スピードを体感することができます。私がこれまでに撮影してきて、最も大変な映画でした」と、その壮絶さを明かしている。

 『ワンダーウーマン 1984』は、12月18日全国公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース