森七菜「よりドラマが好きになりました」…『恋あた』クランクアップ | RBB TODAY

森七菜「よりドラマが好きになりました」…『恋あた』クランクアップ

エンタメ その他
(c)TBS
(c)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
 今夜最終回を迎える火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS)。最終回を前に、森七菜と中村倫也が揃って笑顔でクランクアップ。花束を渡された森は、「初めて主演という立場で、みなさんに迎え入れていただけるのか不安でしたが、毎日が楽しくて充実した日々でした」と振り返った。

 2人のコメントは以下の通り。

「(主演という)このような立場になるにあたり、みなさんに迎え入れていただけるのか不安でしたが、毎日が楽しくて充実した日々でした。一番に思うのは、毎日プロの方々が120%の力でドラマを作ろうとしている姿を見たことでした。よりドラマというものが好きになりましたし、私もこれからの人生を120%の力で頑張っていこうと思います。この現場は一生忘れません! ありがとうございました」(森)。

「このドラマをやっていて「はっ!」とする瞬間がありました。1話の樹木がコンビニで泣いているシーンで浅羽が言う「コンビニには毎日4000万人もの人が訪れる。働いて、疲れたそのご褒美にスイーツを食べる」というセリフ。今年は本当にいろいろなことがありました。例えると、コンビニがTBS、スイーツ開発がドラマ制作。あのセリフの続きが「仕事が終わってからでは専門店は閉まってる。高級店は一年に一度行ければいい。だけどコンビニは身近にあり、いつ、どこでもみんなが同じ味を食べることができる。君の作ったスイーツが人を幸せにする」。まさにこのように、キャスト、スタッフみんなで作り上げた作品が、皆さんを少しでも幸せにすることができたのかなと思います。ありがとうございました」(中村)。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース