【NHK紅白歌合戦】総合司会の内村光良、大泉洋の“予定を押すしゃべり”を「いかに御するか」 | RBB TODAY

【NHK紅白歌合戦】総合司会の内村光良、大泉洋の“予定を押すしゃべり”を「いかに御するか」

エンタメ 音楽
【NHK紅白歌合戦】総合司会の内村光良、大泉洋の“予定を押すしゃべり”を「いかに御するか」
【NHK紅白歌合戦】総合司会の内村光良、大泉洋の“予定を押すしゃべり”を「いかに御するか」 全 2 枚
拡大写真
 「第71回 NHK 紅白歌合戦」のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールにて行われ、リハを終えた総合司会の内村光良、紅組司会の二階堂ふみ、白組司会の大泉洋が、本番前にコメントを寄せた。

 4年連続で総合司会を務める内村は、「特別な、今までとは勝手が違う、“第1回無観客紅白”という記憶に残る紅白になるのではないかなと思います。何もかもが初めてで未知の世界ではありますが、明日、本番なので気合を入れてやりたいと思います」と意気込み。

 司会に初挑戦する二階堂と大泉について、「お客さんがいない分、2人がその穴を埋めてくれる非常に頼もしい2人なので、ふみちゃんの堂々とした司会ぶりと、大泉君の予定を押してしまうしゃべり、これを私がいかに御していくかと、そういう感じで頑張りたいと思います」と語り、息の合った様子を伺わせた。

 二階堂は、「いよいよ明日になり、お話を最初にいただいた時からずっと緊張していたのですが、1日1日と紅白に近づくにつれて、自分の中でも特別な年にしたいという思いが強くなったので、ぜひ、今までにない紅白として、楽しんでいただけたらと思います」とコメント。

 大泉は、「リハーサルを初めてずっと見て、改めて、紅白というのがどれだけ多くの人々の熱意というか、努力でできているものなのかと実感しました。アーティストの素晴らしいパフォーマンス、それを支えるスタッフの動きとか、これだけの熱意で作られている番組だったから、私も毎年楽しませてもらったんだなと、改めて実感しました」と感想を語った。

 また、「無観客ではありますが、間違いなく我々の熱意、感動はテレビの向こう、いろんなもので見てくれている皆さんに伝わるのではないかなと確信しました。私どもを含め、スタッフ、アーティストの皆さん、全力でやりますので、どうぞ、紅白を楽しみにしていただければと思います」と視聴者に呼び掛けた。

《小宮山あきの》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース