家電量販店が2021年の初売りスタート!注目製品をチラシでチェック | RBB TODAY

家電量販店が2021年の初売りスタート!注目製品をチラシでチェック

IT・デジタル その他
写真はイメージ
写真はイメージ 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 家電量販店の「2021年初売り」がスタートした。各社の注目商品をチェックしていく。


 ビックカメラは、元日より営業。初売りは3日まで実施している。注目の福袋(同社では福箱)だが、今年はコロナの影響からオンラインのみで販売。すでに受付は終了していることから、目玉商品はセール品ということになる。池袋本店でセール品としてトップで押し出されているのは、4Kチューナー内蔵のシャープ製40型液晶テレビで、価格は54,800円。ほか、ダイソンの掃除機「V7 slim」が29,800円、マイクロソフトの「Surface Pro 7」が110,880円、NEC「LAVIE」(インテルcore i3、メモリ4GB、HDD500GB)が69,800円となっている。また、「豪華新春セット」としてテーマ別の商品も用意されており、たとえば「PS5を大迫力で楽しむセット」はソニーの4K65型液晶テレビに人気のPS5、BOSEのサウンドバー、サウンドウーファーが付いて、498,000円などとなっている。

 ヤマダ電機は2日から8日まで初売りを開催。福袋は2日と3日に発売される。福袋は金額別で商品が展開されており、年号にかけた2,021円コースでは防災用品セット。1万5千円コースではシャープの加湿空気清浄機、オートディスペンサー、アルコール除菌液がセットになっている。人気のNintendo Switchも販売され、同lite本体と人気タイトルの桃鉄、光沢フィルムがセットになって23,980円。Nintendo Switch本体とカラオケマイク、光沢フィルムがセットになって30,980円。ほか、テックランド東京本店では、新春特価としてFUNAIの50型4K液晶テレビが59,800円、TOSHIBAのインバーターエアコン(5~6畳用)が44,800円なども目玉商品。

 ケーズデンキは、1月2日から8日まで初売りを開催。今年は福袋を発売しないとのこと。初売りではテレビがセール価格で豊富にラインナップ。たとえば、立川店では、TOSHIBAの4Kチューナー内蔵55インチ液晶テレビは、5年間無料保証が付いて109,800円。シャープの4Kチューナー内蔵50インチ液晶テレビも同保証がついて13.5万円などとなっている。ブルーレイレコーダーも豊富で、2番組同時録画が可能なシャープ製商品は46,800円、ハイビジョン放送が最大6チャンネル16日間分まるごと自動録画可能なパナソニック製商品は69,800円で販売される。

 ジョーシンは、1月2日から11日まで初売りを開催。福袋販売は整理券配布により実施するとのこと。たとえば、シャープの42型液晶テレビに2TBの外付けHDDが付いて49,800円、ダイキンの省エネエアコン(5~6畳用)が2台で129,800円、シャープの500GBブルーレイレコーダーとHDMIケーブルがセットになって32,500円など。ほか、各店で厳選特価商品も展開。鶴見店では、シャープの32型液晶テレビが32,500円、パナソニックの1TBブルーレイレコーダーとHDMIケーブルがセットになって55,000円などが販売される。

※いずれの商品も、限定数あり。また、店舗によって初売り商品が異なる場合あり。

■主要量販店のWebチラシ
ビックカメラWebチラシ
ヤマダ電機Webチラシ
ケーズデンキWebチラシ
Joshin Webチラシ

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース