太田光、飲食店名公表に反対「政治家が一番やってはいけないこと」 | RBB TODAY

太田光、飲食店名公表に反対「政治家が一番やってはいけないこと」

エンタメ その他
太田光【撮影:こじへい】
太田光【撮影:こじへい】 全 1 枚
/
拡大写真
 爆笑問題の太田光が、MCを務める17日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、コロナ禍に伴う営業短縮要請に応じない飲食店の店名公表に反対と意見した。

 番組では、国会で近く審議される新型コロナ対策の特別措置法の改正案に、飲食店に対する罰則を伴う時短・休業命令や、感染者の入院拒否に対する懲役・罰金刑などが盛り込まれていることが紹介された。

 一方、1月に再発出された緊急事態宣言に伴い、営業時間短縮要請に従わない飲食店名を各都道府県知事が公表することも可能となった。

 太田は「政府はもうちょっと落ち着いて。政府がかぶらなきゃ行けない責任は罰則を強めることではない」と強調。緊急事態宣言下で都道府県知事による飲食店の店名公表が可能となった点についても、「それって国民に裁きを委ねるということだから、いちばん政治家がやってはいけないことだと思う。それをやったら政治家は終わりだ」と述べた。

 さらに太田は「罰則でとんでもない法律作りやがったと自分(政治家)が悪者になるほうが、まだ店名公表よりましだと思う。感染が広まったのは政府のせいだというところに政府がいないと、皆さんのせいですと言っちゃうと、政治家でいる意味がない」と強調。店名公表は罰則を伴う法改正より悪質だと指摘した。

《角谷》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース