氷川きよし、21年前の写真公開「レコード会社でコツコツサイン書きしてました」 | RBB TODAY

氷川きよし、21年前の写真公開「レコード会社でコツコツサイン書きしてました」

エンタメ ブログ
氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
氷川きよし【撮影:小宮山あきの】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 歌手の氷川きよしが2日、Instagramを更新。デビューから22年目に突入したことを報告し、21年前に撮影された写真を公開した。


 氷川は2000年2月2日に「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビュー。デビュー日は自宅にいたことを明かし、「翌日はレコード会社でコツコツサイン書きしてました」と振り返った。

 続けて「大勢の大人のスタッフの人達に囲まれてみんなが一つになって氷川きよしを売り出してくれてるムードに期待にお応えできるようがむしゃらに自分と戦っていました!」と必死だったデビュー当時についてつづった氷川。そしてデビューからわずか10ヵ月でNHK紅白歌合戦に出場したことや、デビュー前年までアルバイトをしていたことを明かし、「まるで夢物語の主人公のような気持ちでした」とつづった。

 最後は「これからもますます愛する歌を歌ってまいります。引き続きよろしくお願い申し上げます」と意気込みをつづり締めくくった。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース