はみ出すカルビ肉!コメダのバーガーは期待を裏切らない! | RBB TODAY

はみ出すカルビ肉!コメダのバーガーは期待を裏切らない!

ライフ グルメ
はみ出すカルビ肉!コメダのバーガーは期待を裏切らない!
はみ出すカルビ肉!コメダのバーガーは期待を裏切らない! 全 5 枚
拡大写真
 コメダ珈琲の特製サンドは予想を裏切るボリューム感が人気だ。そして、なによりうまい。またシロノワールも有名で話題になる商品だ。



 そんな話題に事欠かない同店のメニューだが、実はバーガー「コメ牛」もバカにできない商品なのだ。基本は4種類だが、大別すると2種類。つまりコロッケを挟んだものか、牛カルビ肉を挟んだものか……、である。今回は牛カルビを使った「コメ牛」を紹介したい。

 まずバンズは期待を裏切らない大きさと柔らかさだ。よく、写真はふっくらしているが、提供されたものはぺったんこ、なんてことがありガッカリしてしまうもの。コメダのバーガーはそんなことはない。また、甘辛の焼肉タレで味付けした牛カルビのパンチが効いている。パテとは違い、タレのしみ込んだ牛肉が、おかずとして主張している。バーガーと聞くと、パティや鶏肉の揚げ物を挟みたくなるところだが、そんなありきたりの発想?ではなく、カルビ肉を使ったところが偉い。

「コメ牛」(並)

「コメ牛」(並)


 ちなみにコメ牛には(並 680~710円)、(肉だく 980~1010円 )、(肉だくだく 1280~1310円)の3種類を用意。今回は試しに(肉だくだく)も注文してみたが、肉の量が3倍となっており、バンズの間からこぼれ落ちそうなくらいだ。ここまでくると、バンズだけおかわりするか、ご飯を食べたくなるほどだ。

「コメ牛」(肉だくだく)

「コメ牛」(肉だくだく)


 実はコメ牛の歴史はまだ浅く、2020年9月にメニューの仲間入りしたばかり。定番メニューとして生き残っていくことを祈りたい。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース