武田玲奈、北川景子を敵視する後輩役......新ドラマ『リコカツ』 | RBB TODAY

武田玲奈、北川景子を敵視する後輩役......新ドラマ『リコカツ』

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
(C)TBS 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 4月スタートの新ドラマ『リコカツ』(TBS系)に女優・武田玲奈の出演が決まった。


 同ドラマは、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出した「離婚するかもエンターテインメント」。このたび、北川景子が演じる主人公・水口咲の会社の後輩役で武田の出演が決定。武田演じる中谷ユミは、事あるごとに咲が編集長から優遇されていると感じており、咲を一方的に敵視している。そんな中、自分も似たような企画を出したにも関わらず、咲の企画が通ったことによって募らせてきた不満が爆発。その想いを咲に直接ぶつけてしまう。そしてその言葉が、“リコカツ”を考え始めた咲に、ある不安を抱かせることになる。

 武田は自身の役について「生きてきた環境や時代が違う人との接し方を考え直すきっかけになる役柄で、仕事の先輩後輩の関係の中で共感してくださる方が多いキャラクターだと思います」と語り、「北川さんとは初めてお会いしたのですが、雰囲気がとても明るい方で、現場もその明るさにしてしまうような素敵な女優さんでした。そして、とても刺激的な現場でした! 北川さんとのシーンは見応えがあるシーンとなっていますので、是非観ていただければと思います!」と放送を待つ視聴者へメッセージを送った。

 ドラマ『リコカツ』(TBS系)は4月スタート。毎週金曜22時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース