NMB48・上西怜がバニーガールグラビア!「初挑戦だったのでドキドキ」 | RBB TODAY

NMB48・上西怜がバニーガールグラビア!「初挑戦だったのでドキドキ」

エンタメ グラビア
上西 怜 (C)光文社/週刊『FLASH』 写真◎唐木貴央
上西 怜 (C)光文社/週刊『FLASH』 写真◎唐木貴央 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 NMB48の上西怜が30日発売の週刊誌『FLASH』1598号(光文社)の表紙&巻頭グラビアに登場した。


 上西は先月、同誌で開催されたNMB48の“『FLASH』表紙争奪グラビア「ナンバトル」”に参加。本誌の表紙と、思い描いたグラビアを掲載できる「夢を叶えるグラビア撮影」を懸け、『FLASH』公式Twitterのいいね&リツイート数と「SmartFLASH」掲載記事のPV数で約2週間競い合った。そのバトルの末、上西と横野すみれの2人がW優勝に輝き、今号では上西が表紙・巻頭グラビアを飾った。

 上西が希望した撮影テーマは「大人バニーガール・れーちゃん」。上西は「大人っぽいグラビアにしたいというのと、動物のかわいいコスプレをしたいということで、両方できるバニーガールに決めました」とバニーを選んだ理由を明かし、「初挑戦だったので少しドキドキしましたが、かわいいウサギの耳をつけることができて大満足です! 全体的に、いままでになく大人っぽいグラビアになったので、新しい私を“見つけれーちゃん”してくれたらうれしいです」とファンにメッセージ。

 バトルに勝つために工夫したことについては「誰よりも早く告知するように心がけていました。あと、バトルは最初が肝心やなと思っていたので、ファンのみなさんに全力で勝ちたい気持ちを伝えるようにしました」と上西。「ファンの方々が気持ちだけでは返せないくらいたくさん応援をしてくださったので、すごく心強かったです!」と感謝をコメントしている。

 NMB48といえば、先日最後の1期生の白間美瑠が卒業を発表。そして上西の同期で共に「LAPIS ARCH」として活動した山本彩加も卒業したばかりだ。上西は「不安になったファンの方もたくさんいると思います。でも前向きに捉えるなら、それは全員がセンターの席を狙えるということ。いまこそ、全員で競い合って強くなっていきたいです。私自身の目標は、後輩たちに立派な背中を見せられるようになること。追いかける目標ってすごく大事なので、自分がそうなれたらと思います!」と前向きに語っている。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース