竹野内豊主演の月9『イチケイのカラス』は『HERO』の裁判官バージョン? | RBB TODAY

竹野内豊主演の月9『イチケイのカラス』は『HERO』の裁判官バージョン?

エンタメ その他
竹野内豊主演の月9『イチケイのカラス』は『HERO』の裁判官バージョン?
竹野内豊主演の月9『イチケイのカラス』は『HERO』の裁判官バージョン? 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 5日から、竹野内豊主演の月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)がスタートした。


 同作は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、型破りでマイペースなクセ者裁判官・入間みちお(竹野内)と、エリート意識の高い堅物の裁判官・坂間千鶴(黒木華)が織りなすリーガルドラマ。竹野内が月9の主演を務めるのは、11年ぶりとなる。

 みちおは裁判官ながら、真実を解き明かすため法廷を飛び出し、自らの足で事件の真相に迫っていく。千鶴は彼の行動に振り回されながらも、次第に感化されていく。

 そんな凸凹バディによる事件解決モノでいえば、木村拓哉と松たか子による月9ドラマ『HERO』(同系)を想起させる。また今作の『イチケイ』では、中村梅雀、新田真剣佑、桜井ユキなど個性あふれるキャストも登場。彼らの群像劇となっている点も『HERO』との親和性を感じさせる。しかも『イチケイ』に、『HERO』でも活躍した小日向文世が出ていることも印象深い。

 初回では、1話完結ものながら、今後の見どころになりうるキーパーソンも登場した。それが、草刈民代演じる最高裁判所判事・日高亜紀。小日向演じる判事・駒沢義男は亜紀に対し、「入間みちおが…いつか彼が裁くかもしれませんよ、あなたを」と意味深に語りかける場面がある。

 さらにエンディングで、駒沢はみちおに「いつの日かあなた自身の手で裁くんです。この国の司法を」とメッセージするシーンが。日高、駒沢、そして、みちおの過去に何があったのか期待させる。

 次回は、みちおたち地裁チームと、甲子園出場経験もある検察官・井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われるのだが…。『イチケイのカラス』第2話は12日よる9時放送。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース