『ボクらの時代』に鈴木敏夫、吉岡秀隆、あいみょんが登場 | RBB TODAY

『ボクらの時代』に鈴木敏夫、吉岡秀隆、あいみょんが登場

エンタメ その他
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)が放送される。


 同日放送には、29日に公開されるスタジオジブリの最新作、映画『アーヤと魔女』のプロデューサーである鈴木敏夫と吉岡秀隆、あいみょんの3人が登場。

 吉岡は2007年に鈴木のラジオ『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』(毎週日曜23時からTOKYO FMをはじめとするJFN38局で放送中)へのゲスト出演でジブリへの愛を語っていた過去があり、今回のオファーも鈴木との再会を楽しみに快諾。一方、シンガーソングライターのあいみょんも、今年1月、鈴木のラジオにゲスト出演。過去にインディーズ楽曲「どうせ死ぬなら」の中で、「それなら私も来世が楽しみになる きっとスタジオジブリで助手をしてるのよ」という歌詞を書いていたほどジブリが好きだと熱く語り、交流がスタートした。

 さらに、スタジオジブリの最新作『アーヤと魔女』にも関係していることが発覚。鈴木があいみょんのインディーズ時代の楽曲「〇〇ちゃん」の歌詞の中にある、「私のどこが、ダメですか?」というフレーズを聞き、主人公・アーヤのキャラクター像にマッチすると、映画のキャッチコピーに採用。その後もあいみょんはジブリが発行する小冊子「熱風」に寄稿するなど、交流が続いている。

 吉岡へのオファーはあいみょんからのラブコールでもあり、最近、吉岡が出演するドラマ『北の国から』を鑑賞し、自身のインスタグラムに田中邦衛さん演じる黒板五郎がドラマの劇中でかぶっていた同じモデルのニット帽をかぶった写真を公開するほど、熱烈にはまっていたため、あいみょんが“今一番会いたい人”と吉岡を指名。共にジブリを語れる喜びを爆発させていたという。

 3人の登場する『ボクらの時代』(フジテレビ系)は25日7時から放送。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース