武井壮、“筋肉体操”村雨辰剛が朝ドラ初出演!『カムカムエヴリバディ』出演者9名発表 | RBB TODAY

武井壮、“筋肉体操”村雨辰剛が朝ドラ初出演!『カムカムエヴリバディ』出演者9名発表

エンタメ 映画・ドラマ
神田猛役・武井壮
神田猛役・武井壮 全 9 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 2021年後期NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。このほど、新たな出演者が発表された。


 同作はNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』を手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル作品。物語は1925(大正14)年からスタートし、昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・橘安子(上白石萌音)、母・橘るい(深津絵里)、娘・橘ひなた(川栄李奈)の3世代親子の日常が描かれる。

 今回発表されたのは上白石演じる安子をとりまく新たな出演者。連続テレビ小説初出演となるのは村雨辰剛と武井壮の2人。村雨は日本で英語が通じず困っているところを安子に助けられる米軍将校のロバート・ローズウッド役を演じ、武井は帝国軍人の神田猛役で出演する。

 その他にも喫茶店「Dippermouth Blues」のマスター・柳沢定一役で世良公則、定一の息子・柳沢健一役で前野朋哉、安子が大阪で出会う主婦・小川澄子役を紺野まひる、荒物屋「あかにし」の店主・赤螺吉兵衛を堀部圭亮、橘家に押しかけてくる借金取り・こわもての田中を徳井優、SixTONESの松村北斗演じる雉真稔の下宿先「おぐら壮」の大家・小椋くま役を若井みどり、雉真繊維を営む名家・雉真家に仕える女中・村野タミ役を西川かの子が演じる。

 朝ドラ初出演の武井は軍人役ということで「その役にふさわしい強い肉体を作り上げて、できる限り苦しい訓練に耐えた彼らの生きざまを表現できるように撮影に臨ませていただきます」と気合十分。続けて「安子と稔、勇の恋心や当時の厳しくも温かい人間模様に思いをはせ全力でぶつかります!! 軍人・神田猛にもご注目ください」とコメントした。

 また、庭師でありながら体操番組『みんなで筋肉体操』(NHK)で筋肉アシスタントを務めるなどタレントとしても活動する村雨は「役者経験はほとんどありませんが、上白石萌音さんをはじめ、豪華なキャストの方々と一緒に出演させて頂く事に、純粋にワクワクしております」と語り、「作品中では上白石さんが演じるヒロインの転機となる場面で出演させて頂く事になり、とても重要な役だと思っていますので、今からとても緊張していますが、精一杯頂いた役を演じて、皆様の心に少しでも残るよう頑張りたいと思います」と意気込んだ。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース