ハサウェイ・ノア役の小野賢章「青臭さを意識した」…『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 | RBB TODAY

ハサウェイ・ノア役の小野賢章「青臭さを意識した」…『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』

エンタメ 映画・ドラマ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ 全 6 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 5月7日公開予定の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。このほど、メインキャストのコメントとテレビCMが公開となった。


 同作はアムロとシャアの最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の世界観を引き継ぐ富野由悠季による小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の映画化。反地球連邦政府運動「マフティー」が挑む新たな戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア(CV.小野賢章)、謎の美少女ギギ・アンダルシア(CV.上田麗奈)、連邦軍大佐ケネス・スレッグ(CV.諏訪部順一)の交差する運命を横軸に描く。

 主人公のハサウェイを演じる小野は「作品全体を通して、台詞が少なめかな? という印象を受けました。多くを語らない。お互い裏の読み合いというか。初めて台本を読んだ時は、これは大変だぞ……。と感じました」と初めて台本を読んだ時の感想をコメント。「なので、小説を読み込んだり、監督やプロデューサーとよく話し合いながら役を作っていきました。ハサウェイを演じるにあたって、1番意識した部分は青臭さです。ハサウェイを若く青臭さの残った人物にしたいという監督の意思を汲み取れるよう意識して演じました」と演じる上で意識したポイントを明かし、「ものすごく丁寧に作り上げた作品です。僕自身、完成した映画を観るのがとても楽しみです。言動や顔の表情、目線、すべてに意味や意図がありますので、何度も観て考察していただけたら嬉しい」と語った。

 オーディションを受け、まさか受かるとは思っていなかったと語るのはギギ役の上田。演じる上でさまざまなプレッシャーや不安があったと語り、「ご連絡をいただいた日から、今作に至るまでの物語を予習したり、色んな方にお話を伺ったり、一生懸命準備をしはじめたのを覚えています」と振り返った。

 同作については「初めて台本を読んだ時は、 『……もう一回読もう』と思いました。想像以上に“人間”のお話だったので、文字から思い描ける絵の動きに可能性がありすぎたということもありましたし、ギギの、安定している様に見えて不安定な一面が、どうして見受けられるのか、しっかり理解できなかったということも理由のひとつでした。ただ現場で監督方のお話を伺うと、分からなかったことがどんどん解決されていって。本番では、ギギが脆い人である原因を意識しながら頑張りました」と話した。

 ケネス役の諏訪部は『逆襲のシャア』を劇場で見たのが高校生の時だったと語り、「本作に関わることができると決まった時は、心からうれしく思いました」と出演に喜び。さらに、「ただ小説をなぞっていく感じではなく、映像作品ならではの面白さがきちんと盛り込まれた構成になっていると台本を読んで思いました。演じる上では、本作におけるケネスの立ち位置、在り方をしっかり固めるべく努めたわけですが、ハサウェイ&ギギと一緒に収録することができたお陰もありそれは果たせたのではないかと。早く続きを演じたいです」と話し、「違いのわかる大人の皆様にも御満足いただけるクオリティの作品に仕上がりました。ぜひ劇場でお楽しみいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします」とコメントした。

 レーン・エイム役の斉藤壮馬は「ハサウェイたちがナチュラルかつ複雑な会話劇を展開してゆく一方で、レーンはある種若さゆえのまっすぐさ、大胆さが求められるのではないだろうか」ということを台本を読んで感じと話し、「特に最初にハサウェイと相対するシーンでは、ひとつひとつ状況を冷静に分析して戦うハサウェイに対し、自信があるが実戦経験が浅いゆえに翻弄されてしまうレーンという構図が浮き彫りになります。己の未熟さと悔しさをバネにレーンが今後どう成長してゆくのかというのも、このドラマの見どころのひとつなのではないでしょうか。小野賢章さんと一緒に収録ができたのですが、実際に演じられているのを見て、やはりハサウェイは本当に難しいキャラクターだなと痛感しました。あのシーンは直接掛け合えたからこその熱量が込められたのではないかなと思っています」と見どころを語った。



《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース