「まだあなたの妻だから」…北川景子のラストフレーズに反響「リコカツ」第3話 | RBB TODAY

「まだあなたの妻だから」…北川景子のラストフレーズに反響「リコカツ」第3話

エンタメ その他
「まだあなたの妻だから」…北川景子のラストフレーズに反響「リコカツ」第3話
「まだあなたの妻だから」…北川景子のラストフレーズに反響「リコカツ」第3話 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 北川景子主演の金曜ドラマ『リコカツ』(TBS系)の第3話が4月30日放送され、ラストシーンが話題だ。


 運命の出会いを経て“交際ゼロ日婚”を果たしたものの、価値観の違いから思わず「離婚」を口にしてしまった咲(北川)と紘一(永山瑛太)。後戻りできない“リコカツ”の中、第1話のラストでは、歩道橋の階段から足を踏み外し落ちそうになった咲を身を挺して守った紘一が「まだ…君の夫だ」といった場面が印象的だった。

 さらに第2話のラストでも、バ―ベキューに行った先で、夜の森にはぐれた咲を助け出した際、「どうしていつも守ってくれるの?私たち離婚するのに」という質問に、紘一はまたもや「まだ君の夫だ」の決め台詞がさく裂。

 今回はその逆。父・正(酒向芳)に厳しく責められる紘一。それを咲がかばいながら「だって私…まだ…あなたの妻だから」というシーンがある。ここには関係修復へのかすかな望みも感じられ、さらには咲なりの遠回しのプロポーズとも言える。

 また、そんな決め台詞が2人の口から飛び出る際は、いつも決まって主題歌である米津玄師の『Pale Blue』が流れる。その出だしは「ずっと」。SNS上では、この真意について「最終回には『ずっとあなたの夫だ(妻だから)』になるのかな~」と深読みするユーザーも。

 さらにこの回では、紘一が咲と結婚した決め手も判明。冬山で遭難した彼女を助けた際、笑みをこぼす咲を見て「この人を守るためにこの仕事に就いたと思った」という。

 価値観は真逆でも、心のどこかで通じ合い、歩み寄り、意識しあっていく2人。少しずつ本当の夫婦になっていく、まさに離婚から始まるラブストーリー。周囲の家族のサイドストーリーも含めて俄然面白くなってきた。

 次回、咲(北川)は紘一(永山)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。『リコカツ』第4話は5月7日よる10時放送。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース