『おちょやん』杉咲花から『おかえりモネ』清原果耶へ……朝ドラヒロインをバトンタッチ! | RBB TODAY

『おちょやん』杉咲花から『おかえりモネ』清原果耶へ……朝ドラヒロインをバトンタッチ!

エンタメ 映画・ドラマ
杉咲花、清原果耶(C)NHK
杉咲花、清原果耶(C)NHK 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 NHK連続テレビ小説恒例のバトンタッチセレモニーが6日午前に行われた。


 来週に最終回を控える『おちょちゃん』のヒロイン・杉咲花が、17日からスタートする『おかえりモネ』のスタジオ(渋谷・放送センター)を訪問。新ヒロインの清原果耶にバトンタッチを行った。

 杉咲は「撮影を振り返ると、とても楽しかったです。想像以上にたくさんの反響があって、改めて朝ドラはたくさんの方々に親しまれる作品なんだと実感しました。俳優としても、1人の人間としても成長できた気がしていて、一生の宝物になる作品に携わらせていただけたことを、幸せに思います」とコメント。

 昨年9月から撮影がスタートし、7ヵ月が経ったという清原は「キャスト、監督、スタッフの皆さんとわいわいしながら撮影できているので、毎日撮影に来るのが楽しいです!」と充実した日々を送っている様子。『おかえりモネ』の見どころについては「百音が生きていく中で出会う人々との関係性や、百音自身の成長に注目して見ていただければ、ドラマを楽しんでいただけるのかなと思います。あとは、やっぱり舞台地である宮城・登米と気仙沼の魅力を現地の方にも、そして全国の方にもたくさん届けられる作品になっているといいなと思います」と語った。

 その後、プレゼント交換を実施。杉咲から清原には、『おかえりモネ』特製デザインの“のれん”が送られ、清原から杉咲には、物語の舞台となる登米で長い年月をかけて大切に育てられたスギ材で作った“お盆”が送られた。

 プレゼント交換を終えた2人はそれぞれ、「のれんって、すごく趣があって私自身大好きなんです。「おちょやん」と「おかえりモネ」の作品の世界観が素敵に組み合わさっていてとても嬉しいです。さっそく飾りたいです!」(清原)、「最近は手料理などに興味がでてきて、お盆があるだけで食卓が豊かになるなと思っていたので、すごく嬉しいです。大事に使います!」(杉咲)とコメントした。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース