宇垣美里、初の連ドラレギュラー決定!7月期ドラマ『彼女はキレイだった』に出演! | RBB TODAY

宇垣美里、初の連ドラレギュラー決定!7月期ドラマ『彼女はキレイだった』に出演!

エンタメ 映画・ドラマ
宇垣美里
宇垣美里 全 4 枚
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 宇垣美里が7月期ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ) に出演することが決定。宇垣にとって初の連続ドラマレギュラー出演となる。


 同作はさえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒⾆”エリートになった⻑⾕部宗介(中島健人)と、優等⽣の美少⼥から無職の残念⼥⼦になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成⻑を遂げた2人の“すれ違う初恋”の⾏⽅を描くラブストーリー。

 宇垣はファッション誌『ザ・モスト』の若⼿編集部員でビューティー・エディターの須⽥絵⾥花役で出演する。

 もともと美容が大好きで、ビューティー本『宇垣美里のコスメ愛』(小学館)を発売したこともある宇垣は、役柄について「私にぴったり」と話し、「今回の出演が決まってから、雑誌の撮影がある度にビューティー担当の編集者さんをなめまわすように見ていました(笑)」とコメント。

 自身が演じる絵⾥花についっては「絵⾥花様という気持ちで演じています(笑)。偉そうではなく独自の世界観があって……。いじわるというわけでもなく “これは私の仕事じゃない”と意思がはっきりしていて、憎めないし分かりやすく仕事をしているなと面白がられているキャラクターです。コスメ好きで仕事ができる役なので、しっかりと表現していきたいです」っと語った。

 宇垣は「⼥優として演じる魅⼒を知ることができて新鮮ですし、違う人⽣を演じることが楽しいです」と話し、「自分とは似ているようで異なるキャラクターになりきっているつもりなので、ドラマを楽しんでいたらよくよく⾒ると演じている人が宇垣さんだった! と驚いてもらえたら幸いです」とコメントした。

《松尾》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース