鹿児島舞台のNHK地域ドラマ『この花咲くや』制作決定!出演は小芝風花・吉岡秀隆ら | RBB TODAY

鹿児島舞台のNHK地域ドラマ『この花咲くや』制作決定!出演は小芝風花・吉岡秀隆ら

エンタメ 映画・ドラマ
小芝風花 (坂元知花役)
小芝風花 (坂元知花役) 全 3 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 NHK鹿児島放送局は、地域ドラマ『この花咲くや』の制作決定を発表した。


 鹿児島の不動産会社に勤める坂元知花(小芝風花)は、仕事でも伸び悩み、恋人からのプロポーズにも応え切れない日々。ある日、津村幸次郎(吉岡秀隆)が家探しに不動産会社へとやってくる。対応した知花は、鹿児島と縁もゆかりもないという幸次郎の接客に張り切り、桜島ビューのマンションを紹介する。しかし、幸次郎は「桜島が見えない家がいい」と言い出し......。

 小芝は「今回の作品は、生まれも育ちも鹿児島で、桜島が噴火するのが当たり前の中で育った女性を演じさせて頂きます。桜島の噴火が『日常』だからこそ、『災害』『被害』といった認識がなく、今までになかったのだから、大きな爆発なんて起きないと、心のどこかで思ってしまっているのが、印象的でした。と同時に、降灰すれば洗濯物が干せなかったり、車に灰が積もったり、生活をする上で不便な所もあるけれど、それでも鹿児島と桜島を愛する人々の心を通して、本当に素敵な場所なんだろうなと、鹿児島で撮影するのがとても楽しみになりました」とコメント。

 吉岡は「コロナ禍になり、震災のことが忘れ去られていくのではとないかと思っていた時にお話を頂きました。ドラマや映画の制作も困難な時代ですが、忘れてはならない人の持つ悲しみと、そこから生まれるであろう希望を見つけられるような作品になればと思っております」と語っている。

 ドラマ『この花咲くや』は、2022年春にNHK BSプレミアムにて放送予定。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース