“日本の原爆研究”描いた『映画 太陽の子』日米での製作舞台裏が特別映像に | RBB TODAY

“日本の原爆研究”描いた『映画 太陽の子』日米での製作舞台裏が特別映像に

エンタメ 映画・ドラマ
“日本の原爆研究”描いた『映画 太陽の子』日米での製作舞台裏が特別映像に
“日本の原爆研究”描いた『映画 太陽の子』日米での製作舞台裏が特別映像に 全 5 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 主演・柳楽優弥、有村架純、故・三浦春馬さんが共演する『映画 太陽の子』(8月6日公開)より、日本オリジナルの特別映像が公開された。


 日米合作プロジェクトで、太平洋戦争末期に存在した「F研究」と呼ばれる“日本の原爆研究”にフォーカスした同作では、時代に翻弄されながら全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿が描かれている。監督・脚本は黒崎博で、10年間温め続けた企画に共鳴した柳楽、有村、三浦さんに加え、田中裕子、國村隼、イッセー尾形、山本晋也、そしてピーター・ストーメアらが出演する。音楽はアカデミー賞5部門ノミネートの『愛を読むひと』のニコ・ミューリー、サウンドデザインに『アリー/ スター誕生』のマット・ヴォウレスと、ハリウッドスタッフも参加した。

 製作にあたっては、東京・京都での撮影、ニューヨークでの音楽作り、トロントでのナレーション録音敢行、最後にロサンゼルスで仕上げるなど、全米各地のキャスト・スタッフを行脚。このほど公開された特別映像は、そんな熱き情熱同士がぶつかりあう舞台裏をとらえた内容となっている。

 ニコ・ミューリーは映像内で、「エキサイティングなのは、1940年代が舞台であっても、作り方や見え方、全員の繋がり方が驚くほど現代的だ。曲を書くのは難しかったけどそれだけの価値はあったと思う」と今作についてコメント。マット・ヴォウレスは「脚本にワクワクし、とてもいいアイデアだと思った」、アロン・ピークは「この映画をアメリカ人に勧めたいね。防御や告発の視点ではない、とても清潔で無垢な視点だ」と、それぞれストーリーに惹かれたことも明かした。

 そして、普段はハリウッドアクション映画など多く手がけてきマットは「同作はハリウッドアクションとは大きく異なり、全てが小さなディチールの積み重ねだ」とサウンドについて説明。アロンは「ベースはあくまで自然だった。できるだけ自然で正確な感覚を心掛けた」、ニコは「3人の表情を見つめ、彼らの物語に触れるリアルな感覚がある。作曲家として素晴らしい機会に恵まれた」と、それぞれが惹かれた物語を、どう表現するか試行錯誤を明かしている。

 『映画 太陽の子』は、8月6日公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース