明石家さんま、15年間『タッチ』浅倉南の声で起きていることを明かす | RBB TODAY

明石家さんま、15年間『タッチ』浅倉南の声で起きていることを明かす

エンタメ その他
明石家さんま【編集部】
明石家さんま【編集部】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 明石家さんまが、13日放送の『夏の超特大さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、声優・日髙のり子にお願いをする一幕があった。


 この日は様々な人気アニメの豪華声優陣が登場。数ある代表作の中から、それぞれ印象的な声を出してもらうことに。『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系ほか)アスカ役の宮村優子は「あんたバカぁ!?」、松本梨香は吹き替えをしているマリリン・モンローの歌声でアピール。『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)のチーズの声を担当している山寺宏一は、「アンア~ン!」と鳴き声をあげた。

 そんな中、さんまは同じくゲストにやってきた日髙に「(以前)誕生日に目覚まし時計に声を入れていただいて、南ちゃんの声で。今でも朝、日髙さんの声で起きている」と告白。さんまは、日髙が担当しているアニメ『タッチ』の浅倉南が理想の女性であることを公言している。

 この話に松本は「ヤダ~!」と興奮し、日髙本人も「うれしい~!」と歓喜。さんまは「『さんちゃん、VTR行くわよ』って(言って)」とリクエスト。日髙は快諾し、浅倉南の声で「さんちゃん、VTR行くわよ」。これにさんまは「いいね!」と大喜びしながら、次のVTRを振っていた。

 さんまは2006年7月の『おしゃれイズム』(同系)に出た際、『タッチ』の原作者・あだち充のサインが入り、さらには日髙による「さんちゃん、起きて、さんちゃん、起きてってばぁ……さんちゃんったらぁ、南、先行くからね!」という声が入った特製の目覚まし時計をプレゼントされたことがある。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース