保護犬を迎え入れた家庭の日々を見つめる……NHK『ねこ育て いぬ育て』 | RBB TODAY

保護犬を迎え入れた家庭の日々を見つめる……NHK『ねこ育て いぬ育て』

エンタメ その他
家族みんなで仲良くなれますように (c)NHK
家族みんなで仲良くなれますように (c)NHK 全 4 枚
拡大写真
 17日19時30分からは『ねこ育て いぬ育て』(NHK BSプレミアム)が放送される。保護猫や犬を迎え入れる家庭を定点カメラでそっとのぞき見するドキュメンタリーだ。

 多頭飼育崩壊の現場で、他の大勢の犬とともに餌も十分に与えられずにいたところを保護されたマルチーズ。4人家族に迎え入れられた。見知らぬ人を見るとガタガタと震えが止まらず。新しいおうちでも唯一心を許したのは中学生の長女だけ。お父さんにはほえまくり、お母さんと小学生の長男からは逃げまくる。しかも、保護されるまでは散歩に連れていってもらえていなかったのか、外を歩くのも苦手。マルチーズと、新たな家族が積み重ねる日々を見つめる。

 一方、孤独死した高齢者の家に残されていたシェルティー。新たな飼い主となったのはドイツとオランダ出身の夫妻。2人がつけた名前はなんと“ラーメン”。2人のあふれんばかりの愛情と、“ラーメン”の新たな門出をみつめる!そのほか、地域猫の活動も追う。

《RBB TODAY》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース