鈴鹿央士、バブル期への憧れを明かす「キラキラしているイメージ」 | RBB TODAY

鈴鹿央士、バブル期への憧れを明かす「キラキラしているイメージ」

エンタメ 映画・ドラマ
映画『星空のむこうの国』(公開中)の公開記念舞台挨拶【写真:竹内みちまろ】
映画『星空のむこうの国』(公開中)の公開記念舞台挨拶【写真:竹内みちまろ】 全 8 枚
拡大写真
 映画『星空のむこうの国』(公開中)の公開記念舞台挨拶が17日、都内にて開催され、主演の鈴鹿央士、出演の秋田汐梨、佐藤友祐(lol-エルオーエル-)、有森也実、小中和哉監督が登壇した。

 同作は、パラレルワールドを疾走する少年少女たちの青春群像を描くラブストーリーで、1986年に小中監督が発表した同名長編映画の35年ぶりのセルフリメイク作品。

 「こんな世界だったらいいなと自分が思い描く理想の世界は?」との質問を向けられると、鈴鹿は、「バブルみたいな世界に行きたいですね」と回答。「みんなが前を向いて、“行けるぞ! 行けるぞ!”というモチベーションで頑張って、楽しそうじゃないですか。すごくキラキラしているイメージがあって」とバブル期への憧れを言葉に。「最近は色々とあり、落ち込んでいるのかなという雰囲気がありますけど、みんなが楽しそうに生きている世界っていいんだろうな」と続けた。

 同じ質問に秋田は、「夜が長い世界」とコメント。「寝るのがすごく好きで、ずっと寝ていられるのですよ」といい、「最低でも10時間は寝たいな。毎日」と願望を語った。「今でも寝れる日は10時間、寝ちゃうのですが、本当は12時間くらい寝たいですね」とも。

 佐藤は、「コロナがない世界がいいのですが」としたうえで、「言葉が共通の世界。“勉強しろ!”という話なのですが、外国の方としゃべりたいなと思ってもしゃべれないのですよ。みんなが同じ言葉を使っていたら、隔たりみたいなものもないのかなと思って。そういう世界に行ってみたいなと思います」と、言葉の壁がない世界へ思いを馳せた。

《竹内みちまろ》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース