動物たちの演技に林遣都「天才だと思う」......映画『犬部!』メイキング映像公開 | RBB TODAY

動物たちの演技に林遣都「天才だと思う」......映画『犬部!』メイキング映像公開

エンタメ 音楽
(C)2021「犬部!」製作委員会
(C)2021「犬部!」製作委員会 全 2 枚
拡大写真
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 林遣都、中川大志ら出演の映画『犬部!』が7月22日に公開される。このほど、同作で役者顔負けの名演技を披露する動物たちとのメイキング映像が解禁された。


 同作は、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)が原案。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての「犬部」の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘が描かれる。

 超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めずに奮闘する熱血主人公・花井颯太を演じるのは、林遣都。その相棒で心優しい同級生・柴崎涼介に扮するのは、中川大志。篠原哲雄が監督を務め、動物ドキュメンタリーの名手、山田あかねが脚本を手掛けた。

 同作では、俳優陣はもちろん、動物たちの名演も重要な見どころとなる。『イチケイのカラス』『坂上どうぶつ王国』(いずれもフジテレビ系)など、数々の映画・ドラマ・テレビ番組に協力する動物プロダクションの「ZOO動物プロ」が全面バックアップの上、動物たちの自然な表情を引き出し、俳優陣と動物たちの見事なコンビネーションを生み出している。出演した動物たちの手配&トレーナーを務めたZOO動物プロの北村氏は、「これまで関わってきた作品の中では、断トツで出演している動物の数が多いです」とコメント。撮影中は「事故、けが、病気が起きないようにとにかく気を遣った」という。

 動物たちと共演する機会の多かった林は、彼らとの撮影現場を「いつか動物に携われる作品をやりたいと思っていたので、映画の中で描かれる人たちの思いが響くといいなと思っています」と振り返り、パートナー犬である花子を演じたちえについて「天才だと思います」とその名演を絶賛している。また、中川も相棒犬となる太郎を演じたきぃとの撮影について「力をあわせてできたカットも本当に多い。楽しかったです」と明かしており、今回解禁となったメイキング映像では、重要シーンとなる撮影の裏側が映し出されている。

 映画『犬部!』は22日全国公開。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース